google-site-verification=mC-mUNCJC3G0z2G4PLrk3X8luMQ97c7Yzs_55gQzPig インフルエンザ、予防できる病気 - kenkoufamily

インフルエンザ、予防できる病気

インフルエンザ(Influenza)は、インフルエンザと呼ばれるウイルスによって引き起こされる呼吸器疾患です。咳やくしゃみをする患者さんの鼻水、唾液、痰を吸い込んだり、手に触れたり、タオルやグラスなどの患者さんとアイテムを共有したりすることで伝染します。 
通常、毎年梅雨(6月〜10月)と冬(1月〜3月)に多く広がります。インフルエンザは、一般的な風邪よりも重篤な症状を示し、合併症や死亡を引き起こす可能性が高くなります。 
 
インフルエンザの症状 
症状には一般に、高熱、咳、喉の痛み、頭痛、だるい、倦怠感、場合によっては下痢などがあり、一般的な風邪よりも重症です。一部の人々は、息切れ、異常な呼吸または胸痛を特徴とする肺炎の症状を示し、特にインフルエンザに感染したときに症状を発症する可能性が高いリスクのある人々では、インフルエンザによる呼吸不全または死亡に重症になる可能性があります。これらには、幼児、高齢者、妊婦、先天性疾患のある人、免疫システムの障害や肥満のある人が含まれます。 
 
インフルエンザ治療 
解熱剤、鎮痛剤、鼻づまり薬などの症状に応じて薬を服用し、十分な睡眠を取り、5つの食品グループすべてを食べます。肺炎などの入院が必要な重度の症状がある場合、または重度の症状を引き起こすリスクがある場合は、医師が抗ウイルス薬(Antiviral drug)も処方します。 



インフルエンザ予防 
- 石鹸と水で頻繁に手を洗うか、アルコールジェルを使用すること。 
- 眼鏡、ストロー、スプーン、タオルなどを他人と共有しないこと。 
- インフルエンザの症状がある人と密接に接触しないこと。または、必要に応じて、口と鼻をマスクで覆うこと。 
- 果物、野菜、牛乳、卵、作りたての食べ物に焦点を当てた栄養価の高い食事を食べ、サービングスプーンを使用すること。 
- 十分な睡眠をとること。 
- きれいな水を飲むこと。 
- 定期的な運動すること。 
- 混雑した場所や換気の悪い場所での長期滞在は避けること。 
- インフルエンザの予防接種は毎年行う必要があります。 特に、7つのリスクグループの人々は次のとおりです。 
1. 妊娠中の女性、在胎週数4か月以上 
2. 6か月から2歳の子供 
3. 7つの慢性疾患(慢性閉塞性肺疾患、喘息、心臓病、脳卒中、腎不全、化学療法を受けている癌患者、および糖尿病)のある人 
4. 65歳以上の高齢者 
5. 自分を助けることができない脳性麻痺の人 
6. サラセミアおよび免疫不全の人々(症候性のHIV感染者を含む) 
7. 肥満(体重100 kg以上、または肥満度指数が1平方メートルあたり35 kgを超える) 
 
参照: 
https://www.si.mahidol.ac.th/th/healthdetail.asp?aid=1430 
https://ddc.moph.go.th/uploads/ckeditor2/dvp/files/3.1%20เอกสารแนะนำความรู้เกี่ยวกับวัคซีนป้องก.pdf 

This website uses cookies for best user experience, to find out more you can go to our Privacy Policy  ,  Cookies Policy